夜スマホ

東洋経済オンラインが2013年10月10月に配信されていたニュースです。「もはや“小さな太陽”?「夜スマホ」が招く眼病」というタイトルの記事です。・・・今度は夜スマホ・・・。文句は後にして(笑)。症状は、朝の赤め。市販の目薬を差しても改善されない。←病院に来いということですな?(笑)。スマホを見続けた結果、ドライアイになってしまうとのこと。四六時中スマホを見ている人、または仕事でパソコンを見続けるという人が増えてきているそうです。ブルーライトも目に悪いと言われているので、ブルーライトをカットするようなカットフィルターやブルーライトをカットするようなブルーライトグラスを活用して低減しましょうだそうです。
パソコンで作業をする時はブルーライトをカットするメガネを着用していましたが、スマホやタブレットを見る時はメガネを着用していません。パソコンを作業する時間より画面を見ている時間少ないしなぁとついつい油断してしまう・・・。それがだめなんだね





人気ブログランキング

フォローする