時事通信が配信していたニュースです。2013年10月29日の6時18分に配信されています。「米アップル、3期連続の減益=純利益8.6%減-7~9月期」というタイトルのニュースです。9月20日から発売開始のiPhoneの売れ行きは好調だったけど、タブレットやパソコンの売れ行きが減少したとのこと。そりゃそうだ。だって、iPhone5S、iPhone5Cと一緒に新しいiPadやiPadminiも発表されるかと思いきや発表しませんでしたから、それが原因なのではないでしょうかね。そろそろ新しいiPadが出るかも☆と期待しているユーザー、新しいiPadやiPadminiを買いたいと考えているユーザーからしてみれば、現行のタブレットを買う意味は1つもありません。
そのために、タブレット関連の売れ行きは悪かったのだと思います。アップルとしては、10~12月期の増益を狙っているのかもしれません。理由は分かりませんが^^





人気ブログランキング

フォローする