スタバ②

の場合は、中国人顧客が店内で長時間過ごす、営業面積を広くとる必要があるとのことです。嫌ならスターバックスに行かなきゃいい、それだけの話ですね^^。スターバックスが「来てください」とお願いしているわけではありませんからね。来店の維持はすべて消費者側にありますし、消費者の一存でスターバックスを利用するか利用しないか決めることが出来るのですから。嫌ならいかない、行かないという判断を下せるのですから。スターバックスは、2015年までに中国での店舗数を1,500店舗まで拡大する計画を立てているそうです。
すごいね、日本では最近やっと1,000店舗突破したような記憶があるのですが・・・。2014年には、カナダを超えて、米国に次ぐ第二の市場になる見込みなのだそうです。ん?、SankeiBizの記事では、「中国のスタバ攻撃は逆効果に 国民ソッポ・・・外資批判は「見当違いで不合理」」と言うタイトルのニュースが配信されていますね・・・





人気ブログランキング

フォローする