悪循環

だからと言って企業だけを責めるわけにもいきません。消費者にも責任があります。いかに安い商品を買うかを重視するようになり、高い物は売れなくなりました。そこそこの商品で安ければ消費者はそちらを購入します。いくら高品質でも高ければ消費者がその商品を購入することはありません。こうなったのは誰のせいか。今さら犯人探しをして突き止めたところでこの問題は解決することはありません。となると、時代に合わせた経営をした結果、今のこの状況が時代に会っているということになります。今の状況に消費者が満足しているのだからそれでいいではないかという話になります。
事実、100均が大盛況なのはそのことを物語っていると言えるのではないでしょうか。出なければ100金のレジが大行列になることはないと思います。何のことはない、消費者が求めていることに企業が応えた結果なのです。今この状況が。消費者から不満が出ていないの出れば、このままでもいいのでは・・・?





人気ブログランキング

フォローする