確信犯

確信犯、これも間違えて使っていました。分かっていてやることだと思っていましたよ・・・。しかし、誤用率73%ということは、本来の意味で会話をしても通用しない確率が高いということでもありますよね・・・?。確信犯の本来の意味はyahoo!JAPAN百科事典によると、道徳上、政治上の確信に基づき、水から行為をすべき義務ありとの信念により行われる犯罪。・・・ぜんっぜん意味が違うじゃないかっ!!!(汗)。やはり今使われている確信犯の意味は、悪いことだ分かっていながら行われた犯罪や行為。また、その行為をおこなった人とgoo辞書にはあります。
本来の意味とは全く違ってきますね・・・。しかも誤用でも通用してしまうから誤用だと思わないし気付かないってやつですね・・・。いやぁ・・・、確信犯だなぁ~このこの~♪とか、他力本願な奴だ(怒)というような使い方をしていましたよ・・・。今日から直そ!!!。とはいっても、直しても通用しないなら意味ないのか・・・?





人気ブログランキング

フォローする